東日本大震災から6年

ニュース

東日本大震災から6年

明日、3/11で東日本大震災から6年です。

東日本大震災

出典 http://ja.m.wikipedia.org

東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい、ひがしにっぽんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害である。この地震によって福島第一原子力発電所事故が起こった。

発生した日付から3.11(さんてんいちいち、さんいちいち)と称することもある。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

もう6年、まだ6年。

あの時、どこにいて、何をされていましたか?
私は千葉県の市川市にいました!
震度5強だったかな?
信号で停車中の車の中でした!

前のトラックの荷台がやたら揺れてて、辺りを見回すと、標識や建物の壁が波を打ってる様にも見えました。

ラジオからは地震の話が出てましたが、かなり混乱状態のイメージを受けました。

とにかく情報が少ない中、営業先に着き、仕事をしてると、2回目の大きな揺れが、、、

裏口通路は、建物と建物の間にあるので、お互いがぶつかるんじゃないか?と思う程でした!

『このままじゃヤバい!』

そう思って、遅いところを急いで抜け事なきを得ました!
ラジオからは大変な事になってるとの事ですが、映像で見れてないので、この時は早めに帰宅しよう!そう思うくらいでしたね。

いざ帰路に着くと、周辺の高速道路が通行止めで、一般道に流入して来て、体験したことの無い位の大渋滞。

場所はこの時千葉県稲毛付近。
埋立地と思われるところからは、濁った水が吹き出しており、液状化で高架が落ちてこないか気がきでなかったです。
そう、阪神淡路大震災の映像が頭をよぎりました。。。

渋滞で動かない車内から、家族に連絡取ろうにも全く取れない状態。
ラジオからは市原のコンビナートが爆発火災等のニュース。

映像確認出来ないまま、10時間かかってようやく帰宅。
家族も無事で、ほんとホッとしました!

帰ってから映像を見た時、愕然としましたね!そう、9.11の映像を観た時の様でした!そして、とてつもない恐怖を感じました。

その後も度重なる、緊急地震速報の音に、なかなか眠れず朝を迎えました。
あの日は丁度金曜日だったんですよね。なので、こっちの事態の深刻さに気づいたのは週明けでした。

とにかく帰宅する事しか考えてなかったので、ガソリンが無いことに当日気づき、スタンドに向かうと、見たこともない大渋滞!

それから2週間近くかな?、数量制限もあり、なかなか給油が出来ない状態が続いたのは、、、

幸い自宅のライフラインに支障は無かったのは救いですが、被災地など考えても、当初は1週間耐えればどうにかなると思ってましたが、最低2週間は耐える必要があると思いましたね。

水や食糧はほんとに大事です!

体験して分かったこと。

まず、地域によっては車が必須の場所もあると思います。ウチもそうです。
あの日以来、ガソリンは半分以上は常にあるようにしてます。

あとはストックしてるモノの見直しや入れ替えもしました。
ウチは小型犬がいるのでしばらくは避難出来ないと思うの、ワンコ達のフードも一緒に!

その他、ラジオや照明の電池交換や見直し等など、ひとまず2週間耐えられるのを目安に考えました!

非常持ち出し袋は最低限用意しよう!

まだお持ちでない方は、最低限用意しとくと、いざという時助かります!

最後に。

未だに被災者の中には、日常を取り戻せない方々も多数いらっしゃると思います。
1日も早く、日常を取り戻せるよう願っております。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ
にほんブログ村