真実はどこに?マスコミの不思議。

ニュース

真実はどこに?マスコミの不思議。

何だか不思議と思いませんか?

トランプ大統領

出典 http://

アメリカがかつてない程の強さで北朝鮮をけん制しています。

『あらゆる選択肢を排除しない』

とコメントしてる通り、アメリカは様々な手に出る用意をしているようだ!

カールビンソン

出典 http://

実際、原子力空母カール・ビンソンを中心とした第一空母打撃軍(空母と搭載機を中心にミサイル巡洋艦、ミサイル駆逐艦、潜水艦などと護衛につけた攻撃艦隊)を朝鮮半島へ。

あのビン・ラディンを殺害した、アメリカの特殊部隊ネイビーシールズの支援船が沖縄で目撃されたり。

今あるシナリオは、『北朝鮮の核軍事施設の攻撃』か『金正恩の暗殺』の片方か、どちらも行う体制が整いつつあるとのこと。

一方の北朝鮮は?

金正恩

出典 http://livedoor.blogimg.jp

故金日成主席の生誕105周年の生誕祭を15日とりおこなった!

新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)などのお披露目もあり、アメリカに屈することはないとのアピールもとってみえた。

ただ、先日の米中首脳会談でも、中国に対して後見国として、核やミサイルの開発をやめさせろ!と迫ったと思われ、習近平国家主席にシリアへの攻撃へ踏み切った旨を伝え、アメリカの本気度を見せつけた。

中国も今や完全に北朝鮮を見限った感がある中、北朝鮮は戦力動員の体制が整ったと、アメリカに対して意思を示したと思われる。

日本はどうなる?

当然、日本にもリスクがあると思ってる。

仮にアメリカと北朝鮮が『有事』となった際、北朝鮮が狙うこと。

それは、『日本への攻撃』と思ってます。

大陸間弾道ミサイルの技術が向上したとしても、アメリカ本土を狙うよりも、近くの日本と攻撃すのが、現実的と言えるのではないでしょうか?

日本を叩けぼ、在日アメリカ軍も叩ける。
アメリカも日本を失えば、アジア圏での影響力も落としかねない。

トランプ大統領としての腹の中は既に決まったるかもしれない。。。

まとめ

何もなかった!

それに勝るものはないのですが、こんだけいつ事が起きてもおかしくない状況下で、この手の報道はほとんどないような気もします!

都市伝説的な、めっちゃ推測すれば、情報統制がしかれ、国民の目を他にやってる感がありそです!

さあ!
どうなる?

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ
にほんブログ村